0368054824

株式会社コネクターズ

ミッション:初回面談~クロージングの精度を上げよ!

2018/05/23 03:00:41

 Category :

本日、WEBサイトの運用をお手伝いさせていただいている工務店様にお邪魔し、
社長様とロールプレイングを行いました。

きっかけは、HPからお問い合わせがあり、プラン提案までいったものの、失注してしまったこと。

『せっかくお問い合わせいただいても、あまり営業の経験がないので、段取りが良くないのかも。
なんかいい進め方があったら教えてほしい』

と、お声がけいただいたのがはじまりです。

 

お客様と接点を持ってからご来場いただき、初回の面談で予算を把握、建築費用を説明、
建てたい家の要望をヒアリングして優先順位をつけて、次回のアポをとり、
提案、クロージングまでの一通りの流れを3時間ほどかけて行いました。

営業のフローが固まり、一通りのツールも揃ったので、あとは練習して精度を上げるのみ。

成果につながりますように。

 

お打合せの冒頭、うれしいお話がありました。

先日現地調査を行い、プランとお見積りまでご提示したものの、

『今回の判断は見送りたい』

と先送りされたお客様から今朝お電話があり、

『やっぱり進めてほしい』

と、復活することになった、というもの。

 

理由は、
『よくよく考えたら、年齢的に住宅ローンを組めるのもあとわずかだろう、やれるうちにやっておこう』
と、思いなおされたそうです。

家を建てるのは大ごとですから、不安なことも多いでしょう、
中止しようと思うきっかけはいくらでもありますよね。
逆に、冷静に考えれば、今回のように、

『もうやらないと一生できないかも!』

というようなこともあります。

 

以前の職場で、途中入社してきた同僚が、こんなあいさつをしていました。

『みなさん!家を建てるなら早く建てましょう!
私の父は、私が小学校に上がるときに家を建てようと検討したのですが、
その時は決断しきれなかったのか、特に理由もなく中止しました。
だましだまし住みながら、結果、家を建てたのは、私が中学を卒業した時。
もうその頃は、親離れも済み、会話も少なくなって、25歳で結婚して家を出ました。
よく家族で集まると父が、「ああ、あの時もっと早く建てておけばよかった」と後悔しています。
家は子供が小さいうちに、なるべく早く建てましょう。』と。

 

『家を建てる』というような大きい買い物をするときには、
マイナス思考になると、大きな不安に襲われますよね。

 

進められない理由が明確で納得できるものであれば、それはもう、
決着するまで待つしかないでしょう。

でも、そうでないなら、早く建てた方がいいに決まってます。

だって、建てたいと思って相談に来ているんだから。

建てたい家を一日も早く建てることができれば、
それだけ好きな家に長く住むことができるんですから。

そんな時にいかに、背中を押してあげられるか。

素に、自信をもって背中をおしてあげたいですね。

 

 

Archives
Category
  • 集客・販売に関することならなんでもご相談ください。

    お問い合わせ